Sponsored Link

【値段/現地】インテル/ユベントスのチケット購入方法【受け取り・取り方】

セリエA 第8節(2015/2016シーズン)

日時 : 2015年10月18日
試合会場 : スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
対戦チーム : インテル – ユベントス

〜代理店紹介&チケット購入方法情報は下記に記載〜

 

inteljuve

 

 

 

 

 

 

【試合ハイライト】
今季初のイタリアダービーが18日にある。今季の両チームの成績は昨季とはまるで正反対だ。インテルは2年目になるマンチーニ監督の下、理想的な補強に成功し、ここまで5勝1敗1分の2位に位置している。一方ユヴェントスはというと、ここまで2勝3敗2分と波に乗れきれず、12位という近年では最低のスタートを切っている。

インテルは10人の新戦力を加えた。DFにはミランダ、ムリージョ、A.テレスといった即戦力を迎え、MFには補強の目玉となったコンドグビア、FWにイタリア復帰で再び輝きを取り戻そうとしているヨヴェティッチを加えた。ヨヴェティッチは代表招集の件に関してクラブと揉めたとあったが、本人は否定している。クラブが負傷を抱えている選手を送り出すのは快く思わないのはわかるが、ヨヴェティッチはほかの選手とは違うものを持っている。というのも、彼が出場したリーグ戦は黒星が一つもないのだ。つまり勝率100%である。そのため、クラブはヨヴェティッチの復帰予定をこのダービーに合わせて調整をしてきたのだ。ここまで来たら彼が負傷しないことを願うばかりである。

Sponsored Link

ユヴェントスは昨季の主軸を数人失った。その代わりに世代交代を図り、次代を担う若者を積極的に補強した。しかし、彼らがすぐにテベスやピルロなどの代役をできるわけではない。彼らは将来的に世界レベルになる可能性を秘めてはいるが、まだその水準に至るまでは経験や技術、メンタリティーを備えなければならない。過度に期待されているのもあるため、我慢するべきときかもしれない。
今回のダービーは近年で最も白熱しそうな対決である。日本人選手の長友佑都が出場するかどうかにも期待がかかる。

【※インテル&ユヴェントスの簡単オンラインチケット購入方法】

日本国内でチケットを購入可能な(旅行)代理店もありますが、手数料が高く試合やイベント、席の内容によってはかなり高い価格でチケットを購入しなければならないのが現実です。ですが、SportsEvents365というサービスを利用することでそのデメリットを少しでも解消することができるのをご存知ですか?

日本の代理店での相場よりも3,4割安く買えるチケットも存在するので少しでもチケットを安く購入したいという方には非常におすすめです。

また、何かあった際のカスタマーサポートがしっかりしているというのも非常に魅力があり詐欺に合うことがない為非常に魅力的です。(電話・メールどちらも日本語で可)

欧州への旅行や観光のついでに現地のサッカーの試合も是非観戦したい!という方に重宝され人気のサービスになっています。

尚、購入において必要なものは決済で使用するクレジットカードチケットを受け取る為の宿泊予定住所及びホテルの住所のみです。

serie_a

現在入手可能なセリエAのチケット在庫情報を見る

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ