Sponsored Link

【値段・注文】チェルシー・サウサンプトンのチケット購入方法【受け取り・取り方】

プレミアリーグ 第8節 10月3日(土)(2015/2016)
試合会場:スタンフォード・ブリッジ(イギリス・ロンドン)
チェルシー対サウサンプトン

photo Southampton_logo
〜チケット購入方法情報は下記に記載〜

【試合ハイライト】

今期のチェルシーは何かが足りない。プレミアリーグ第8節チェルシー対サウサンプトン。

順調に勝ち点を稼ぐサウサンプトンと未だ不振に喘ぐチェルシーの一戦は10分、ウィリアンのフリーキックからチェルシーが先制する。

ウィリアンの右足から放たれたボールは高い弾道を描き、ステケレンブルクの頭上を打ち抜いた。

チェルシーは久々に自分たちのペースで試合を運んでいけると思われたが、徐々にサウサンプトンに主導権を握られていく。

サウサンプトンMFマネを自由にする場面が多く、掴みきれないチェルシーはファウルによって止めるしかなく、試合が止まるシーンが目立った。

そんな中サウサンプトンは前半のうちに試合を振り出しに戻す。最終ラインのフォンテから前線でターゲットとなったペッレをめがけてロングボールを送ると、絶妙な胸トラップで落としたところに中盤から飛び出してきたスティーブン・デイヴィスが素晴らしいボレーシュートを決めた。

このシーンを詳しく見てみると、ペッレをマークしていたケイヒルは完全にポジション争いで負けてしまい、その後走りこんできたデイヴィスは、近くにいたセスクがマークすべきであった。守備をさぼっていなければ防げた失点だったかもしれない。

このときデイヴィスはセスクより後ろにいたはずで、十分にケアできたはずである。

昨季堅守を誇ったチェルシーの姿は微塵も感じられなかった。
60分には、マネがテリーの背後を取り、サウサンプトンは逆転に成功。72分、ペッレのゴール右からのシュートが入り試合を決めた。

チェルシーは交代策が全く実らず、試合の流れを変えられないまま終わってしまった。モウリーニョは継続策を図ってきたチームに新しい変化を加えていかなければならない。

Sponsored Link

【プレミアリーグの簡単オンラインチケット購入方法】

日本国内でチケットを購入可能な(旅行)代理店もありますが、手数料が高く試合やイベント、席の内容によってはかなり高い価格でチケットを購入しなければならないのが現実です。ですが、SportsEvents365というサービスを利用することでそのデメリットを少しでも解消することができるのをご存知ですか?

日本の代理店での相場よりも3,4割安く買えるチケットも存在するので少しでもチケットを安く購入したいという方には非常におすすめです。

また、何かあった際のカスタマーサポートがしっかりしているというのも非常に魅力があり詐欺に合うことがない為非常に魅力的です。(電話・メールどちらも日本語で可)

欧州への旅行や観光のついでに現地のサッカーの試合も是非観戦したい!という方に重宝され人気のサービスになっています^^

尚、購入において必要なものは決済で使用するクレジットカードチケットを受け取る為の宿泊予定住所及びホテルの住所のみです。

premire

現在入手可能なプレミアリーグのチケット在庫情報を見る

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ